による標準化
Download
1 / 64

JIRA (画像医療システム工業会) 医用画像システム部会 ㈱島津製作所 細羽 実 - PowerPoint PPT Presentation


  • 145 Views
  • Uploaded on

による標準化. 国際モダンホスピタルショウ 平成 15 年 7 月 16 日. Integrating the Healthcare Enterprise in Japan. JIRA (画像医療システム工業会) 医用画像システム部会 ㈱島津製作所 細羽 実. 厚生労働省のグランドデザインから 1 年半 5つのアクションプランは進んだか?. 1 . 医療における 標準化 の促進 2 .情報化のための 基盤整備 の促進 3 .モデル事業の展開 4 .情報システム導入・維持費の負担の軽減 5 .国民・医療提供者の理解の促進.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' JIRA (画像医療システム工業会) 医用画像システム部会 ㈱島津製作所 細羽 実' - oria


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

による標準化

国際モダンホスピタルショウ

平成15年7月16日

Integrating the Healthcare Enterprise in Japan

JIRA(画像医療システム工業会)

医用画像システム部会

㈱島津製作所

細羽 実


厚生労働省のグランドデザインから1年半5つのアクションプランは進んだか?

1.医療における標準化の促進

2.情報化のための基盤整備の促進

3.モデル事業の展開

4.情報システム導入・維持費の負担の軽減

5.国民・医療提供者の理解の促進


標準規格の整備は進んだ。規格があれば標準化は進むか?

  • 標準規格(HL7、DICOM) があればマルチベンダによるシステム実装には十分か?

    • HL7,DICOMは実装上様々な解釈が可能

      → 行き違いの発生(つながらない?)

      → コスト発生

  • 新たな標準化の切り口

     標準規格を効率よく利用するには

    • 共通の業務モデル(シナリオ)の確立

    • シナリオを実現する標準規格適用ガイドラインの策定

Integrating the Healthcare Enterprise


ベンダ間接続テスト(実装ごとに)

ベンダ

標準規格の作成

ベンダ製品化

製品:HIS,RIS,PACS,MODALITY

実装

接続テスト

市場の評価

IHE

IHE

ベンダ

IHE

ベンダ

標準規格の

利用

ガイドライン

Technical

Framework

ベンダによる

ACTOR実装

相互接続

テスト

コネクタソン

毎年1回

製品化

Product

Evaluation

Worksheet

デモなど

による

ベンダ、

ユーザ

の評価

IntegrationStatement

Product

Evaluation

Worksheet

ベンダによる

ACTOR実装

製品化

Product

Evaluation

Worksheet

ベンダによる

ACTOR実装

製品化

Product

Evaluation

Worksheet

......

.......

従来の標準化と   の比較


アドバイザリースタッフ

JRS稲邑、江本、JAMI、近藤、JSRT小寺、松井、

JAHIS下邨、成松、JIRA西原、吉村、MEDIS 喜多

運営委員会

○石垣委員長△細羽、木村 岡崎、安藤、喜多、篠田、

 東福寺

全体管理事務局

○大林、△魚井

- J

技術検討委員会○ 篠田

IHE国際

技術

○中島

△吉村

 下邨

△下邨、佐々木、中島

吉村、井桁、成松

○魚井 技術管理専任者

IHE

国際

○吉村

△下邨

デモ計画

実行WG

臨床アドバイ

ザリー部門

と協調

JSRT

JRS,JAMI

     etc

〇末光

○吉村

○篠田

○中島

○井桁

○成松

WG5

WG1

WG2

WG3

WG4

WG7

WG6

○ 大林

△ 岡崎

木村、山本

稲邑

HL7HIS/RIS

セキュリティ

Core検証

内部教育

コネクタソン実行

SR

LIS

DICOM

○ 委員長

△ 副委員長

臨床・企画委員会

○岡崎△近藤

江本、小寺

渉外委員会

○安藤△山本

△倉西、

江本、田中


による標準化

臨床現場にあったモデルの特定と

標準的な業務フロー(Integration Profile)の確立

標準規格適用ガイドライン(Technical Frame Work)

の作成(アクタとトランズアクション)とベンダ説明

ガイドラインに従ったシステムの実装(ベンダ)

接続テスト(コネクタソン:ベンダ)

デモンストレーション(評価)

製品への実装(ベンダ)


共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定(ワークフロー)

ネットワークからアクセス

可能なレポートの保存

レポート

患者

情報の

取得

レポート保管

レポート

読影ワーク

ステーション

画像と患者情報の

放射線科医への

提示

患者情報

依頼科医師

による放射線

レポート参照

画像検索

依頼科医

による

画像検査オーダー

画像保管・管理

検査情報リスト

検査オーダ

modality

worklist

モダリティ

画像保存

部門

撮影中

撮影完了

臨床側と技術側の共同作業


機能ユニット(アクター)共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定の抽出

ネットワークからアクセス

可能なレポートの保存

レポート

患者

情報の

取得

レポート保管

レポート

患者登録

読影ワーク

ステーション

画像と患者情報の

放射線科医への

提示

患者情報

依頼科医師

による放射線

レポート参照

画像検索

技術側の作業

依頼科医

による

画像検査オーダー

オーダー発行

画像保管・管理

検査情報リスト

検査オーダ

modality

worklist

モダリティ

画像保存

部門:オーダ実施

撮影中

撮影完了


アクターの決定共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

レポート保管

患者登録

読影ワーク

ステーション

より一般的に使えるか

オーダー発行

画像保管・管理

部門:オーダ実施

モダリティ


トランザクションの決定共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

通信方式の標準化

通信内容の標準化

レポート保管

レポート

患者登録

読影ワーク

ステーション

レポート

患者情報

画像検索

オーダー発行

画像保管・管理

検査情報リスト

検査オーダ

部門:オーダ実施

modality

worklist

画像保存

モダリティ

アクタの実装はベンダに依存

撮影中

撮影完了


アクタの基本機能の決定共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

患者情報入力

収集の中止など

オーダ生成

プロシージャの予約

レポート保管

レポート

患者登録

読影ワーク

ステーション

レポート

アクタの基本機能は規定される

患者情報

画像検索

オーダー発行

画像保管・管理

検査情報リスト

検査オーダ

部門:オーダ実施

modality

worklist

画像保存

モダリティ

撮影中

撮影完了


標準化共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

相互作用図の作成

トランザクション

画像保管・管理

IM,IA

Image Archive

モダリティ

AM

Acquisition

Modality

オーダー発行

OP

Order Placer

部門:オーダ実施

OF

Order Filler

患者登録

ADT

時間の流れ

患者情報入力

放 射 線 部 門

オーダ生成

収集の中止など

患者登録

プロシージャの予約

画像保存

オーダ発行

ワークリスト取得

トランザアクションのサポートと機能の実装は必須


規格の選定共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

トランザクション

HL7

DICOM

HL7

画像保管・管理

Image Archive

モダリティ

AM

Acquisition

Modality

オーダー発行

OP

Order Placer

部門:オーダ実施

OF

Order Filler

患者登録

ADT

時間の流れ

患者情報入力

放 射 線 部 門

オーダ生成

患者登録

プロシージャの予約

画像保存

オーダ発行

ワークリスト取得


テクニカルフレームワークの作成共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定(規格適用ガイドライン)

HIMSS and RSNA

Integrating the Healthcare Enterprise

IHE Technical Framework

Volume I II III

Ver. 5.5

2003年3月よりインターネットに公開

=業務シナリオごとにアクターとトランザクションを定めたもの


Integrating the Healthcare Enterprise共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

 統合プロファイル

Integration Profile

IHE NA YEAR4


Integration profile ip year 4

SWF共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

①通常運用(日常検査)の

ワークフロー

患者登録、オーダ、

スケジュール化、画像撮影、

完了通知

③ ポストプロセッシングワークフロー

画像処理、CADステップの予約、実施、確認

②患者情報の整合性確保(予定外の運用)

特定できない患者および

予約されていないオーダ

④チャージポスティング

請求可能プロシージャの詳細を収集

PIR

PWF

CHG

⑤画像表示の一貫性確保

ハードコピーおよびソフトコピー

濃淡値および表示状態

⑧キー画像

ノート

特に気をとめる

必要のあるキー

画像にメモ

⑨画像および数値を含むレポート

画像とリンクし、

必要に応じ計測値も含む

レポートの交換

CPI

SINR

KIN

⑦グループ化されたプロシージャの表現

1回収集データのサブセット化

PGP

ARI

⑥放射線部門情報の利用調和の取れた画像とレポートへのアクセス

⑩基本セキュリティ監査証跡の統合、ノード認証

SEC

統合プロファイルIntegration Profile(IP)YEAR 4 関連図

画像処理、CADの予約、実施ステップを管理

請求可能なプロシージャの詳細収集


ワークフロー関連・統合プロファイル共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

  • ワークフロー関連・統合プロファイルは、ユーザワークフロー運用においてアクタ間のトランザクションを定めるもの。

    • 患者登録

    • オーダリング

    • 予約

    • 収集

    • ポストプロセッシング、レポーティング、会計ほか


コンテンツ関連・統合プロファイル共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

  • コンテンツ関連・統合プロファイルは、アクタ間で一貫した作業結果の生成、処理、翻訳などを行うことを確実にするためのトランザクションを定めるもの。

    • Images

    • Presentation States

    • Key Image Notes

    • Evidence Documents

    • Diagnostic reports, charges etc.


アクセスとインフラ関連・統合プロファイル共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

  • 医療機関全体で情報共有

    • Access to Radiology Information(AIR)

    • Basic Security(SEC)


統合プロファイル(共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定IP)Integration Profile YEAR 4


患者登録共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

↓1:患者登録 

1:患者登録↓

←2:オーダー設定管理

オーダー実施

オーダー発行

→3:オーダー状況の更新

↓4:予約プロシージャ

↑7:MPPS完了

↑11:画像の利用可能性の問い合わせ

↑6:MPPS進行中

画像観察

↑14:画像の問い合わせ

実行プロシージャステップマネージャ

↑15:画像表示状態の

    問い合わせ

↑16:画像の読み出し

↑17:画像表示状態の読出

画像管理

画像保管

画像管理

↑8:画像保存

10:保存委託↑

↑9:画像表示状態の保存

←6:MPPS進行中

←7:MPPS完了

→5:ワークリストの提供

モダリティ

SWF

通常運用のワークフロー統合プロファイル

ScheduledWorkflow

MPPS:モダリティ実行プロシージャステップ


シナリオの例:共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

例外管理ワークフロー

画像管理

オーダー実施

画像保管

モダリティ

時間の流れ

ワークリスト取得

ワークリスト項目選択

画像取得

(中止)

実行プロシージャステップ・進行中

実行プロシージャステップ・完了

中止の理由

画像保存

画像表示状態保存

SWF

通常運用のワークフロー

相互関連図


Patient information reconciliation

PIR共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

①患者登録J Doe

HIS

⑨J Doe→J Smith

1:患者登録↓

J.Doe

↓1:患者登録

J.Doe

12:患者更新↓

12:患者更新↓

←2:オーダー設定管理

オーダー発行

オーダー実施

RIS

↓ 4:予定済み手続き

↓12:患者更新

PACS

画像観察

↑7:MPPS完了

↑14:画像の問い合わせ

実行プロシージャステップマネージャ

PPS

マネージャ

⑧J.Doe

↑15:画像表示状態の

    問い合わせ

↑16:画像の読み出し

↑17:画像表示状態の読出

画像管理

画像管理

画像保管

画像保管

J.Doe

↑8:画像保存

↑9:画像表示状態の保存

画像管理

←7:MPPS完了

⑥撮影

モダリティ

モダリティ

→5:MWLの提供

Image Modality

患者情報の整合性確保PatientInformation Reconciliation


画像データ共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

ワークリスト

PACS System

CAD

*Workstation

3-D

*Workstation

Workstation

レポート

リポジトリ

ワークステータス

結果

モダリティ

ポストプロセッシング・ワークフロー統合プロファイル

PWF

ポスト

プロセッシング

ワークフロー

管理

ワークステータス

結果


Charge posting

計算管理共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

ADT 端末

レポート生成 /

署名

CAD

*Workstation

3-D

*Workstation

ReportRepository

3-D

Performed

CAD

Performed

撮像モダリティ

CHG

会計処理(Charge Posting)プロファイル

Post

Charges

Charge Processor

(Billing System)

DSS /

Order Filler

オーダ実施

検査完了

/ 使用した物品


Presentation State共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定付き

Area Of

Interest

Area Of

Interest

The Radiologist’s Transformations

Are Saved

+Zoom

+Annotation

Original Image

Original Image

Presentation Stateなし

すべての操作が失われている

+Windowing

受信した臨床医の見るもの

放射線医は、 新しい表示状態(Presentation State)を保存:

CPI

Original Image

校正された表示装置上での画像の一貫した表示

校正されていない表示装置上での

一貫性のない表示

放射線医の見る画像


ARI共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

救急部門

参照医師

放射線部門

画像とレポート

リモート

クリニック

他部門:- 腫瘍学- 外科- 神経学- 小児科- etc.

電子カルテ

放射線部門情報へのアクセス

Access to Radiology Information


Presentation of grouped procedures

PGP共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

Report:CHEST

Report:ABDOMEN

Abdomen View

Chest View

Chest View

MODALITY

Abdomen View

1回の検査

操作者は1つの

グループに

グループ化されたプロシージャの表現Presentation of Grouped Procedures

要求プロシージャ:CHEST

要求プロシージャ:ABDOMEN

RIS / PACS


参照医は放射線医が共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

用意したキー画像ノートを

みる

放射線医は キー画像を選択し, 適当なノートを作成する

KIN

Note 1:

Note 1:

Note 2:

Note 2:

参照医へ

この画像には renal rupture.が認められます

参照医へ

この画像には renal rupture.が認められます

参照医へ

この画像にはhematoma

が認められます

参照医へ

この画像にはhematoma

が認められます

放射線医と参照医の間のコミュニケーションがより円滑になる。


Simple Image共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定& NumericReports

SINR

  • DICOM SRに基づく

  • 以下の内容を転写することなく含むことができる

  •  - 測定値- 画像へのリンク- 構造化されたコンテンツ

  • 画像診断ワークフローと同時に

  • XML実装がやりやすい

  • CPRへのエキスポートが容易 (HL7)


Basic security profile

SEC共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

画像保管管理

読影ワークステーション

レポート

リポジトリ

レポートと画像の参照

基本セキュリティ・プロファイルBasic Security Profile

監査証跡の

保存

AuditRecord

Repository

“画像の問い合わせと検索”

“レポートの参照”

“レポートの印刷”

“画像の印刷”

“レポートの保存”

“レポートの問い

合わせと検索”


Basic security

SEC共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

監査レコードレポジトリ

TIME SERVER

時間の流れ

監査イベントの記録

ユーザの認証

画像観察

画像管理

画像管理

画像保管

画像保管

ノードの認証

画像の保存

監査イベントの記録

(画像の保存)

画像の読出

監査イベントの記録

(画像の読出)

監査イベントの記録

(画像の読出)

画像の観察

監査イベントの記録

(インスタンスの使用中)

基本セキュリティBasic Security

相互作用図

Maintain Time


Integration profile year 5
統合プロファイル共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定Integration Profile YEAR 5

様々な業務のシナリオ

通常運用のワークフロー

チャージポスティング

グループ化されたプロシージャの表現

レポーティングワークフロー

ポストプロセッシングワークフロー

患者情報の整合性確保

画像表示の一貫性確保

画像および数値を含むレポート

エビデンス文書

キー画像ノート

放射線部門情報へのアクセス

基本セキュリティ


Reporting共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定Workflow

レポーティングワークフロー

  • 標準的な機構による、レポーティングワークフローのタスクのスケジュール、配信、ステータス追跡

    • それぞれのタスクのワークリストが生成され検索される

    • ワークアイテムが実行され、結果のステータスがわかり共有される


レポーティングワークフロー共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

ワークステータス

更新

診断レポートワークフロー

撮影完了

結果出力:

DICOM SR

オブジェクト

画像保管・管理

オーダ実施

画像データ利用可能

モダリティ

画像保存

撮影完了

ReportingWorkflow


エビデンスドキュメント共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

Evidence

Documents

  • データの収集や処理の過程で生成される、DICOM SRでコード化されたドキュメント=エビデンス文書のコンセプト導入

  • エビデンス文書は、モダリティかまたはエビデンス生成アクタで作成される


エビデンスドキュメント共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

Evidence

Documents

  • レポートとエビデンス文書は明確に区別する。

    • 超音波の計測

    • CADの結果文書

    • 手続きレポート(超音波 カテ など)

  • SWF、PWFと同時に利用する


エビデンスドキュメント共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

レポート作成

読影ワーク

ステーション

画像検索

エビデンス文書

検索

エビデンス文書

エビデンス

クリエータ

画像保管・管理

モダリティ

エビデンス文書

Evidence

Documents


- J共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定の活動


- J共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

2002の活動

経済産業省からの受託事業

  • デモンストレーションによるIHEの普及活動

    • モダンホスピタルショウ2002(7月)

    • 医療情報学会2002(11月)

    • JRC2003CyberRAD(4月)

    • RSNA2002(12月),HIMSS2002(2月)調査

      → IHE渉外委員会

  • IHE(NA)は日本の臨床で使えるか?

    • ユーザサイド(JRS、JSRT)での検討会 5回

      → IHE臨床検討委員会+臨床アドバイザリグループ(JRS、JSRT他)

  • 日本国内での拡張提案

    • IHE技術検討委員会+各WG

    • IHE-Jガイドラインの国際提案

  • IHE国際会議への参画

  • 調査報告書の作成


- J共通の業務モデル(統合プロファイル)の決定

デモンストレーション

  • デモンストレーションベンダー17社。

  • 参加者 約600人

CyberRAD委員会

IHE-J 渉外委員会

CyberRad 2003


通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ

REPORT

保管

画像保管・管理

IM,IA

Image Archive

モダリティ

AM

Acquisition

Modality

オーダー発行

OP

Order Placer

部門:オーダ実施

OF

Order Filler

患者登録

ADT

読影WS

ID

REPORT

参照

レポート

患者

情報の

取得

レポート保管

ネットワークからアクセス

可能なレポートの保存

レポート

患者登録

読影ワーク

ステーション

画像と患者情報の

放射線科医への

提示

患者情報

各ベンダが各アクタを担当

画像検索

依頼科医師

による放射線

レポート参照

依頼科医

による

画像検査オーダー

オーダー発行

画像保管・管理

検査情報リスト

検査オーダ

modality

worklist

モダリティ

画像保存

部門:オーダ実施

CyberRAD委員会

IHE-J 渉外委員会

撮影中

撮影完了

CyberRad 2003


画像表示の一貫性確保をデモ通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ

Presentation State付き

Area Of

Interest

Area Of

Interest

The Radiologist’s Transformations

Are Saved

+Zoom

+Annotation

Original Image

Original Image

Presentation Stateなし

すべての操作が失われている

+Windowing

受信した臨床医の見るもの

放射線医は、 新しい表示状態(Presentation State)を保存:

CPI

Original Image

校正された表示装置上での画像の一貫した表示

校正されていない表示装置上での

一貫性のない表示

放射線医の見る画像


通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ

レポート

患者

情報の

取得

レポート保管

ネットワークからアクセス

可能なレポートの保存

レポート

患者登録

読影ワーク

ステーション

画像と患者情報の

放射線科医への

提示

患者情報

依頼科医師

による放射線

レポート参照

画像検索

依頼科医

による

画像検査オーダー

オーダー発行

画像保管・管理

検査情報リスト

検査オーダ

modality

worklist

モダリティ

画像保存

部門:オーダ実施

CyberRAD委員会

IHE-J 渉外委員会

撮影中

撮影完了

CyberRad 2003


Cyberrad2003

A&T CORPORATION通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ

Canon Inc./Canon Sales Co.,Inc.

Climb Medical Systems Inc.

EBM Technologies Japan, Inc.

FUJIFILM MEDICAL CO., LTD.

FUJITSU LIMITED

H.I.C. CO., LTD.

Hitachi Medical Corporation

KONICA MEDICAL AND GRAPHIC CORPORATION

NEC Corporation

Nihon Binary Co., Ltd.

PIONEER CORPORATION

Shimadzu Corporation

Toshiba Corporation

TOTOKU ELECTRIC CO., LTD.

TOYO Corporation

Yokogawa Electric Corporation

CyberRad2003 デモ参加企業

17社


IHE-J通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ

臨床・企画委員会

臨床アドバイ

ザリー部門

JSRT

JRS,

JAMI

     etc

-NAのテクニカルフレームワークが日本の運用に当てはまるか

  • 現存するIHE-NAの骨格の殆どは日本の運用であっても利用可能

  • 通常運用のワークフロー(SWF)実装システムを複数社組み合わせても、検査業務は容易に構築出来る

    ① 患者リストの取得方法

    ② 検査部門から臨床部門への患者到着通知

    ③ 部門オーダ実施アクタ(OF)からのオーダ変更は行わない

    ④ Order Status Updateの拡張(部門での撮影に関するメモ伝達を可能)


通常運用ワークフロー(通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモSWF)の検討結果

画像保管・管理

IM,IA

Image Archive

モダリティ

AM

Acquisition

Modality

オーダー発行

OP

Order Placer

部門:オーダ実施

OF

Order Filler

患者登録

ADT

- J

時間の流れ

患者情報入力

オーダ生成

患者登録

プロシージャの予約

収集の中止など

画像保存

オーダ発行

ワークリスト取得

患者登録された時点で部門へ登録される

リストの取得

MR,CT 朝一括

実行前に取り込む

CRはプッシュを望む

オーダをモダリティに送りつける


- J通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモの国際提案

  • 日本の画像検査部門のワークフロー

    • JJ1017指針による検査情報の記述(検査、部位、方向)

  • HIS/RIS/PACSのHL7準拠の実装ガイドライン

    • 患者プロファイル、検査依頼情報など

  • LIS(臨床検査システム)ワークフローの提案

    • 通常検査のワークフロー統合プロファイル

      • アクタとトランズアクション

IHE-J 技術検討委員会

IHE国際

技術


- J通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ

2003年

2004年

2003年度活動計画

経済産業省からの受託事業

4月 JRC2003 デモンストレーション

5月 IHE-J 臨床検討 パブリックコメント

6月 構造化レポート検討 WGの立上げ

    基本セキュリティWGの立上げ

IHEインターナショナル会議参画

7月 IHE-Jテクニカルフレームワーク策定

   モダンホスピタルショウ展示とセミナ

8月 ベンダーワークショップ開催

IHE-J 臨床検討継続

2月 コネクタソン実施

4月 JRC2004 デモンストレーション


- J通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ

デモンストレーションモダンホスピタルショウ

観察、測定、結果

CyberRAD委員会

IHE-J 渉外委員会


03通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ

04

04

05

05

06

06

マスター・患者・インデックス

患者

登録

臨床データリポジトリ-

放射線部門の縦断的統合

診療スケジューリング

オーダ

管理

基本セキュリティ他の横断的機能

部門

スケジューラ

病棟・看護部門

レポート

管理

循環器部門

その他

検体検査部門

生理検査部門

会計部門

薬剤部門

画像

管理

モダリティ

電子カルテ化へのロードマップ

03~04


- J通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ

標準化への新たなアプローチによる

グローバルな保健医療分野の情報化(電子カルテ化)


終わります。通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモご清聴ありがとうございました。


- J通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ

デモンストレーション

  • デモンストレーションベンダー17社。

CyberRAD委員会

IHE-J 渉外委員会

CyberRad 2003


レポーティングワークフロー通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ

  • DICOMのGPWLとPPSの機構の上にできている(→ポストプロセッシングワークフロー)

  • GP-PPSトランザクションとPWFで共通

  • 新たな特定のトランザクションの導入


のプロセス通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ

Integrating the Healthcare Enterprise

テクニカルフレームワーク(規格適用ガイドライン)の作成までの工程


ポーストプロセッシングワークフロー 通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ

Post-Processing Manager、 Image Manager

DICOM PP-PPS

DICOM PP-PPS

DICOM MPPS

DICOM Image Storage

DICOM Storage CommitmentDICOM MPPS

DICOM Storage

& Commitment

DICOMPP-WL

DICOM Storage

& Commitment

DICOM MWL

DICOMPP-SPS

DICOMQ/R

DICOMPP-SPS

DICOMQ/R

DICOMPP-WL

DICOM

PP-PPS

DICOMPP-PPS

PACS

RIS

Modality

Post-ProcessingStation

CAD Station


Strategic Development通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ

Committee

の体制

RadiologyPlanning Committee

IT Infrastructure

Planning Committee

Cardiology

Committee

- E

- NA

Sub-Committee

Laboratory

Sub-Committee

Pharmacy

IT Infrastructure

Technical Committee

Radiology

Technical Committee

……

Integrating the Health Care Enterprise in Europe

NIC

EIC

SFR/GMSIH

に代表をおく

例:

IHE

NIC

企画

委員会

EIC

TF

を決定

国ごとの

EIC

コネクタソン

国ごとの

プロジェクト管理者

IHE

デモの実施

IHE

スタッフは連携して支援

技術

委員会

国ごとの

テストツールと

技術管理者

技術支援

他の

IHE

voluntary

参加者

活動

(

Japan

)

例えば、

北米

RSNA+HIMSS 1999

2000

ヨーロッパ


2001 7

- J通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ

医療情報システム開発センタ

後援:経済産業省(事業予算)、厚生労働省

医学放射線学会(JRS)

放射線技術学会(JSRT)

医療情報学会(JAMI)

事務局

画像医療システム工業会(JIRA)

保健福祉医療情報システム工業会

(JAHIS)

(日本:2001 7より)

  • 学会、行政、工業会など各団体の連携

  • ユーザ側、ベンダ側からなるオープンな組織

  • 経済産業省より補助金(2001,2002)

  • IHEの趣旨に沿って、我国の臨床現場で適用可能な医療情報の利用のあり方を検討し、ユーザやベンダーに具体的な情報システム設計ガイドラインとして示す。


Ihe na 2002
IHE-NA通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ2002コネクタソンの結果


IHE通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモProduct Evaluation Worksheets


  があれば通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ

  • DICOM,HL7の規格に立ち戻る必要はない。

    →ユーザは、システム構築に参加する各ベンダに簡単に仕様が伝えられる

    →SWF,PIR,CPI........という仕様

  • IHEがなければ:

    • DICOM,HL7規格をさがして、トランズアクションを決める必要がある。

      →ベンダ間で打ち合わせが必要

      →独自の通信仕様の作成

        一部システムをとりかえた時、互換性はとれなくなる。


実装例の発表通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ(RSNA2002)


実装例の発表通常運用・救急例・レポート作成などのワークフローをデモ(RSNA2002)